リフォームに関連する法律を認識しておこう

>

集団規定もあります

この記事をシェアする

床面積・高さの制限

建築基準法では、敷地面積における建築物を建てる部分の面積である建ぺい率や、敷地面積に対する延べ床面積の割合である容積率に制限をかけています。
その地域の都市計画によって、上限の数値があるわけです。
敷地があるからと、むやみに増築をしてしまうと、この規制にひっかかる恐れがあります。
また、建築物の高さに関しても同様のことが定められています。
やはり、都市計画によって上限が制限されています。
主に景観や日当たりなどを考慮したものと言えばわかりやすいかと思います。
また、建築物の各部位に対しても、道路幅や隣地境界線などから、高さが制限されています。建築物自体の高さと比べると、少し見逃し気味な点ですので、よく注視して確認していきましょう。

敷地内でも増築不可の場所・その他配慮

基準法で道路の幅員は四メートル以上と定められていますが、この法律ができる以前の古い建物などでは、敷地に面している道路の幅員が狭く、四メートルに満たないケースがあります。
こういった敷地での増設や改築には、様々な制限が設けられています。
また、この他にも、例えば斜面地に建つ建物など、ある特定の条件で建築されている建物にも、色々な制限がありますので、該当しそうな場合は専門家へ相談していきましょう。

その他配慮すべき点として、「風致地区」と「建築協定区」などがあります。
いずれも、地区やその地区の権利者が、独自に意匠や調和を定めているものとなります。
増築やリフォームをするときには、周辺地域との調和や、協定の詳細を確認してみる必要があります。