リフォームに関連する法律を認識しておこう

>

建築基準法における単体規定

この記事をシェアする

構造安全・防火・防災について

建築基準法では「建築物は地震等に対して安全な構造として一定の基準に適合していなくてはならない」とあります。
たとえば、リフォームをする際に、柱や梁などを移動したりする場合は、たとえ申請が必要ない場合でも、建築士などプロの方に相談しましょう。
独自に行って、構造上、問題が発生してしまうということがない様にするのが、とても重要です。

防火・防災にも細かい取り決めがあります。
構造同様、中々素人では判断や確認が難しいと思われます。
取り決められている法律があるということを、しっかり認識して、それを踏まえた上で、専門家の方に必ず相談するようにしましょう。
防火・防災に関しては、定期的に講習が開かれています。
そういったものに参加してみるのも、知識をつける上ではよろしいかと思います。

環境・衛生面について

居室にも取り決めがあります。
主に採光や換気に関することですが、床面積に対して一定の割合の大きさの窓や扉を設置しなくてはなりません。
また、最近ではシックハウス対策として、室内で使用する建材においても、ホムルアルデヒトを発散する建材の使用が制限されています。
特に、部屋を増やすリフォームや、部屋の大きさを変えるといったリフォームの際には注意する内容ですので、必ず認識しておきましょう。

あとは、特に厳しい基準がある訳ではあるませんが、日常安全についても注視すべきだと思います。
例えば階段だと、階段幅や踏板の高さ、手すりの設置義務などが挙げられます。
規則自体はさほど難しくはないですが、やはり普段の生活に関わることですので、事前に入念な準備をしておきましょう。