リフォームに関連する法律を認識しておこう

>

昨今のリフォーム事情

この記事をシェアする

リフォームなのに法律が必要?

「建築基準法」と聞くと、どうしても新築を建てるなどが連想されます。
もちろん、新築を建てる際にも大変重要な法律となっていますが、実は中古物件の購入などにも大きく影響がある法律です。
そして「リフォーム」を行う際にも、大掛かりなリフォームであれば、適用される法律となっており、よく照らし合わせていかなくてはなりません。
当然ですが、建築基準法にそぐわない「リフォーム」は行うことはできません。
規模や予算にもよりますが、どうしてもお手軽感がぬぐえない「リフォーム」ではありますが、しっかりとした取り決めの中で行うということを、まずは認識していきましょう。
簡単に考えていると、せっかくの予定などが全て台無しになるケースもありますので、充分注意してください。

建築基準法で定められていること

「建築基準法」で定められていることは、主に、建築物の敷地や構造、設備、用途に関しての、最低限の基準やルールです。
この法律は「状態規定」であり、建築物の主は、所有する建築物を「常」に、この法に適法させておかなくてはなりません。
この「常」にという部分がかなり重要です。
一度、法律に合わせるように建築して、その後適法外に作り直すということを、禁止しているという訳です。
「好きな風にリフォームしたい!」という気持ちもわかりますが、やはり法律で決められているということは、それに意味があり、とても重要なことだと認識してください。

建築物はとても大切な資産であり、同時に様々な部分で影響がある存在です。
あくまでルールは守りつつ、その中で自身の望むことをやっていきましょう。